葬儀に関するマナーについて事前にチェック

恥をかいたり失礼な行動をしないように

葬儀は誰でも一生に一度は参列する機会があるでしょう。しかし、結婚式などと同じく葬儀にもいろいろなマナーがあり、初めてではわからないことも多いですね。中原区での葬儀に参列する際に恥をかいたり、ご遺族に失礼にあたることのないよう前もって勉強しておきましょう。

葬儀に関する疑問

冬場の参列ではコートやマフラーは着用できるの?

冬場はもちろんコートやマフラーの着用が可能です。建物内に入る前には脱ぐといいですね。もし屋外で焼香が行われる場合などは、その時だけ脱げば問題ありません。また、コートやマフラーの素材には気を付けましょう。毛皮や革は殺生の意味になり、死をイメージするので避けたほうがいいですね。

葬儀に関するマナーについて事前にチェック

お花

葬儀の際の服装

葬儀や告別式の際には、ブラックフォーマルを着用します。レンタルも可能ですが、ブラックフォーマルは冠婚葬祭全てにおいて使えるので、一式持っておくといいでしょう。男性の場合、スーツの種類は問いませんが、必ず白シャツと黒いネクタイを着用します。靴も黒を着用しますが、金具があるものは避けましょう。女性の場合はスーツ、アンサンブル、ワンピースのいずれかを着用します。肌を見せるのは望ましくないので、夏場でも五分袖まであるものにしましょう。足元は黒の靴・ストッキングにします。

葬儀に参列する際のマナー

葬儀に参列する際も、失礼に当たらないようマナーに気を付けて行動しましょう。もちろん遅刻するのはだめですが、やむを得ない事情の場合はお詫びを述べてからご焼香します。また、意外と知られていないのが「香典に新札を包む」のがマナー違反だということ。結婚式などお祝いの席では新札にするべきですが、葬儀の場では大変失礼に当たります。それは死を予期し準備していた、という意味にとられてしまうからです。新札しか持っていない場合は、折り目を付けて使用しましょう。

広告募集中