遺品整理業者を依頼するなら知っておきたい!遺品整理士とは

遺品整理業者を依頼するなら知っておきたい!遺品整理士とは

和室

遺品整理士とは

近年、高齢化社会になるのに伴い、東京でも遺品整理業の需要が高まっています。遺品整理士とは遺品整理士認定協会が出している資格です。遺族と連携を取り整理するのが主な仕事ですが、それだけでなくリサイクルやものの産廃についての知識を必要としています。その知識をもつことで、遺品を正しく処分するためです。また、遺品整理士を設けることで、安心して利用してもらえるようにする役割もあります。

遺品整理士の仕事

遺品整理士の仕事は整理すること以外にもあります。遺品整理士の資格認定によって、遺品整理業にガイドラインが定められています。ガイドラインの中で、それらにかかわる法令を守る必要性の指導を強化することで、業界の健全化を図るのも重要な仕事の1つです。また、全国で問題になっている高額請求や不法投棄などの違法行為を無くすために、資格を持っている人に優先的に仕事を発注するよう、行政に働きかけが行われています。

業者を選ぶときの注意点

近年急速に加速している遺品整理業は、まだまだ悪徳な業者が紛れています。騙されたり、大切な故人の遺品が不法投棄されないためにも、しっかり見極めて依頼するようにしましょう。分かりやすい見積もりを出してくれるのか、長い実績があるか、細かい要望にも真摯に対応してくれるかチェックしましょう。また、質問に対してあやふやにせず、しっかりと応えてくれる業者の方が安心できていいですね。

賃貸物件を退去する時の注意点

故人が一人で住んでいた場合などは賃貸物件から退去することになります。賃貸の場合は、契約書の「敷金」について確認しておきましょう。敷金は保険料のようなもので、借り主が住人から預かっている形です。この敷金について、敷引き特約の記載があるか確認します。これは全額返金されるはずの敷金に対し、何割か差し引いての返金となりますよ、というものです。この敷引き特約で自然損傷のものについては負担されるはずなので、記載事項をよく読んでおきましょう。

広告募集中