遺品整理や供養は業者に依頼するのがおすすめ

業者に遺品整理を任せよう

誰かが亡くなると、告別式や通夜、初七日などやらなければいけないことが次々とあって、遺族は大変な思いをするでしょう。その中でも落ち着いてきたら行う遺品整理が大変です。所有物が少ない故人なら、自分たちだけですぐ整理することができますが、骨董品を集めていたり、捨てられずに溜めてしまう性格の故人ならたくさんの物が溢れているでしょう。そんな時は無理せず、業者に依頼するのがおすすめです。

遺品整理の流れ

問い合わせ・見積もりを取る

遺品整理の業者は365日受付を行っているところが多いので、気になったときにすぐ問い合わせてみましょう。実際に見積もりに来てもらったら、10分程度で遺品の量や部屋の状態を確認してくれます。その時に出してくれた見積もりに納得がいけば、整理を依頼しましょう。

遺品の回収と搬出

希望の日時を設定すれば、回収に来てくれます。こちらは事前にすることは何もなく、全てやってくれるので安心ですね。また、遺品の回収に伴い買取を希望する場合は、同時に査定・買取を行ってくれる業者もあります。買取を希望するなら事前に確認しておくといいでしょう。

部屋の清掃

遺品回収の際に部屋が汚れていても、業者が搬出作業終了後に清掃してくれるので心配はいりません。マンションやアパートなどの集合住宅の場合であれば、部屋だけでなく廊下やエントランス、エレベーターなどの共有スペースまで清掃してくれます。

作業終了・引き渡し

作業が完了したら、報告をしてくれます。整理した内容などを一緒に確認し、支払いをします。支払いは現金だけでなく、クレジットカードが使えることもあるので聞いてみるといいでしょう。支払いが済めば全て終了です。

遺品整理や供養は業者に依頼するのがおすすめ

ダンボール

遺品整理の相場

福岡での遺品整理の場合、量や部屋の広さなどの条件で相場は異なります。間取りが1Kの場合は約35000円~。2LDKの場合は14万円~が相場です。また、汚れがひどい場合はハウスクリーニングや特殊清掃を依頼することもできます。畳の張替えであれば1枚3000円程度、害虫駆除などは1万円強くらいです。汚れ具合を把握しているのであれば、見積もりの際に一緒に依頼するといいですね。

遺品の供養も行える

故人の遺品や仏具をただ処分するのは抵抗がある、という人もいるでしょう。そういう場合は、供養をしてあげるのがおすすめです。業者では1点でも引き受けてくれますし、希望すれば供養証明を発行してくれます。また、供養の際はお炊き上げか読経のどちらかを選ぶこともできるので嬉しいですね。自宅で行うのか、業者の施設で合同供養するのかによって、価格は異なるので気を付けましょう。

広告募集中